外資系製薬会社の研究職の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 職種別 >> 外資系製薬会社の研究職の求人

外資系製薬会社の研究職の求人

外資系製薬会社の研究職と言っても、仕事の内容は、国内製薬会社の研究職とさほど変わりません。実験を行ったり、その結果をデータにとっておき、それを整理したり、それを元にレポートの作成などを行っていきます。定期的に開かれる会議に参加をし、研究成果などを発表したりすることも大事な役割でしょう。外資系製薬会社の研究職は、理系職種の中でも、かなり良い待遇を受けられるとして、何気に人気が高い職種でもあるのです。

外資系製薬会社の研究職の求人として実際に出ているものを紹介していくと、錠剤等の固形剤製剤設計と製造技術移転が仕事内容のもので年収は400万円から1000万円というものが見られます。応募資格ですが、医薬品メーカーにおける製剤の開発経験があること。製剤開発において必要な知識と経験がある方。英語によるコミュニケーションを普通に取れる方となっています。こちらの企業では、スキル云々よりも対人コミュニケーション能力や熱意というものを重要視している傾向が見られます。

PCスキルが中級者以上でマネジメント経験が必須。その他にも英語スキルの基準がビジネス会話レベルで、英文読解力と作文能力は中級レベルが求められています。人間性を重視していることから、文系理系関係なく大卒であれば応募が出来る状況です。完全週休2日制で年間休日118日。勤務時間は9:00から17:45となっています。年齢は30歳から45歳になっていますから、何気に年配の方にもチャンスがあるといえるでしょう。

研究職の求人を見てみると、こういった求人が非常に多く見られていますね。現実に外資系製薬会社の研究職で働いている方の情報を参考にしてみると、残業があまりにも多い場合には、ペナルティーがつくことが多いため、何気に研究職にはつきものだとされる残業が少ないことが一つの特徴でもあるそうです。ただし、海外との会議の際には、当然にタイムラグがありますから、必然的に残業が発生するというケースがあるようです。

土日休みの所も多く見られていますが、例えば研究で動物実験などを行っている場合には、休日出勤をするケースもあるというのが現状です。前述のような案件であれば、文・理問わずといったものですが、実際には理工系や、農業系、更には薬学部や獣医、医学部といった生物系もしくは、化学系の学校において修士了程度の知識がないとやっていくのは難しいとされています。条件面や詳しい応募資格については、求人により格差がありますから、転職エージェントでしっかりと確認をしておきましょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.