外資系製薬会社のQA・QCの求人

外資系製薬会社求人TOP >> 職種別 >> 外資系製薬会社のQA・QCの求人

外資系製薬会社のQA・QCの求人

外資系製薬会社のQA・QCの求人は、一般職からマネージャー、部長職まで非常に幅広く存在している状況です。他職種からのキャリアチェンジ組も多い職種ですが、特に外資系でハイクラスの求人に巡り逢えている方の多くはQA・QCの実務経験者はもちろんですが、DMであったり統計解析などの業務経験があり、5年以上の経歴を持ついわゆるエキスパートの方達になります。エキスパートを求めるのは、人材の派遣化による影響とも言われ、指導力やリーダーシップが求められるからだと言われています。

外資系製薬会社の場合、国内で収集した様々なデータやリサーチ結果などを海外の専門部署で統計を行ったり、解析をするというのがスタンダードな形になりつつあります。つまり、その際には海外部署とのコミュニケーションが基本的には必要になりますから、英語力は必須条件と言って良いでしょう。キャリアとそれを十分に活用した教育力、そして語学力に優れていれば、外資系製薬会社のQA・QCの求人もすぐに見つけることが出来るでしょう。

QAやQCとして転職に成功したいのであれば、専門ソフトであるモニタリング報告書作成ソフトは、自分の手足のように使えるような状況にしておく必要があるでしょう。QAやQCの業務で必要なものとあれば、マスターするために時間があれば勉強するといったような向上心も必要不可欠ですね。また、こういった実務的なスキルや知識の他にも、交渉力と指導力といったような対人コミュニケーションスキルは必須条件になります。

それでは実際に出されている外資系製薬会社のQA・QCの求人情報を見て行きましょう。業務内容は治験業務や製造販売後の臨床試験に関してのGCP監査業務。個別の治験に対しての監査業務と治験のシステムそのものに関しての監査の役割を担います。GCP監査経験があれば、モニター経験や品質管理、データマネジメントなどの経験があれば可というもの。年収は500万円から900万円となっています。

土日祝日の完全週休二日制にプラスして年末年始と夏季休暇が存在し、年間休日126日という待遇です。他にも外資系製薬会社のQA・QCの部長職では、年収が1000万円以上。品質保証部門における5年以上の実務経験があり、海外企業との交渉経験は必須というものもあります。他にもCMCの経験があれば、尚優遇されるといった案件になります。当然に部長職になるため、管理職としてのリーダーシップを保有している方が対象になります。様々な求人が存在しますから、転職エージェントに登録をしてしっかりとリサーチしておきましょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.