外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 職種別 >> 外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人

外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人

外資系製薬会社に転職するための職種は、非常に豊富に存在していますが、その中でもここでは、外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人について紹介をしていきましょう。PMSの求人は、何気に多く見られており、待遇面でも優遇されている傾向が強いというのが特徴になります。というのも、PMSという仕事は、単純にマンパワーが必要な仕事であり、需要が一定数あるのは当然と言えるからです。

PMSの仕事は既に販売され流通している医薬品の有効性をリサーチしたり、安全面での調査を行うといった業務を担当しています。販売後に様々なリサーチをして、例えば副作用などが報告された例などを収集していくのです。他にもPMSの特徴として、ある程度の一定期間の調査期間が設けられることが多く、その期間は働いていられるということで人気も高い職種なのです。自社の医薬品を扱っている全ての医療機関が対象になりますから、前述にもあるマンパワーが必要になるのです。

調査も安全性に関するものであったり、使用成績に関するものだったり、臨床試験などでは確認出来ないようなターゲットである老人や若年層の子供といった対象が利用した際のデータ収集など様々です。PMSとして仕事をしていくためには、正確さは最低限として、その上でスピード感が要求されます。薬学に関しての知識は当然ですが、その上で収集した情報を的確に伝達したり、報告するための高い語学力も求められる職種になります。

実際に出されている外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人を紹介すると、安全管理部門の管理職の募集で、GPSPとGVSの関連業務。この両者の管理業務。治験の安全管理といった業務を任されます。PMSの実務経験が5年以上という募集条件と、英文でのメール作成能力や英文報告書作成能力。その他にも海外企業との電話でのコミュニケーションなども必要とのことから、ビジネスレベル以上の英語力が求められます。

外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人を見てみると報酬面では充実したものが多く、600万円台後半から1200万円というのが平均値になります。業務内容は非常に細かく大変なことが多いですが、それに見合った報酬を獲得することが出来るのは、大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。PMSの情報を元に後発薬の開発や製造が行われることも多いですし、研究・開発職には大きな影響を与えるため、非常に重要な役割を担っているといえるのです。管理職やプロジェクトリーダーなどのハイクラス求人が多く見られるのも、外資系製薬会社のPMS(市販後調査)の求人の特徴と言えるでしょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.