外資系製薬会社のMR・営業の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 職種別 >> 外資系製薬会社のMR・営業の求人

外資系製薬会社のMR・営業の求人

外資系製薬会社の求人でも最も多く見られる職種と言ってもいいのが、MR・営業の職種でしょう。外資系製薬会社に存在する数多くの職種の中でも、そこまで製薬業界での経験というものをそこまで重要視しないことからも、転職を最も成功させやすい職種であるとも言えますね。ただし、MRという職種は、外資のみならず、国内企業でも激務といった噂は後を絶ちませんね。実際の所、製薬会社はどのような人材を求めているのかは、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

外資系製薬会社のMR・営業職に必要なスキルといえば、やはりコミュニケーション能力が第一でしょう。特に会話が一方的になってしまってはいけません。クライアントとなるのが、病院や薬局などのある程度に知識を持ち、地位やプライドを築いている相手だからです。押し付けをしてしまうと、当然に相手のプライドを傷つけることになり、まとまる話もまとまりません。話し手としての能力よりも、より聞き手としての能力が高い人材が重宝されます。

そして何よりも気がつける人材であるかどうかが大事になります。その場の空気を読むということもそうですし、常に気配りや配慮といったものを忘れないということもMR・営業職として必要な条件だと言われています。薬学の知識などは、大抵の場合、3ヶ月ほどの研修期間が設けられていることがほとんどですから、この間に習得することが可能でしょう。ですからコミュニケーション能力と向上心など、その他の営業職と共通しているスキルで十分なのです。

さて、気になる実際に出されている外資系製薬会社のMR・営業職の求人ですが、ハイクラスの求人になればなるほどに、やはり業界経験や科学分野、生物分野、バイオ分野の学歴を求めていることが多いようですね。年収の幅も非常に広く500万円台から1500万円台まであり、その幅は大きいものなのです。最も気になっているであろう英語力についてですが、これも企業によって、どのポジションかによってまちまちです。TOEICスコア400点前後の語学力を求めている所もあれば、745点以上なんて求人も存在します。

外資系製薬会社のMR・営業職の求人は、冒頭にも紹介した通り、本当に求人数が多く、一概にこういったものという説明が難しいのです。自身のスキル、その後のキャリアパスの方向性、待遇面などなど、様々なものを考慮して、自身にマッチングしている求人を見つけましょう。そのためには、転職エージェントを利用するのが一番ですね。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.