外資系製薬会社のCRC(治験コーディネーター)の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 職種別 >> 外資系製薬会社のCRC(治験コーディネーター)の求人

外資系製薬会社のCRC(治験コーディネーター)の求人

外資系製薬会社に転職するための選択職種の一つにCRC(治験コーディネーター)が挙げられます。外資系製薬会社のCRC(治験コーディネーター)の求人も、他の治験系関連職種であるCRAなどと同様で、リーマン・ショック直後の求人は非常に少なくなりましたが、現在は普通にその求人を見つけることが出来ます。新薬の開発や販売の前には必要不可欠な治験業務。それに欠かせないのがCRC(治験コーディネーター)ですから需要がなくなるということはないのです。

しかしながら、一時期に比べると、治験業務自体をアウトソーシング化していることが多いため、外資系製薬会社に限定をしてしまうと求人は、以前ほどに多くはありません。関連するCROなどに視野を広げた場合には、非常に多くの求人を見つけることが可能といった状況です。CRCになるためには、やはり多くの人間とのコミュニケーションが不可欠になるため、コミュニケーション能力は必須条件になります。そうなった場合に気になるのは語学スキルですよね。

実際に出されている外資系製薬会社のCRC(治験コーディネーター)の求人を見てみると、要求される語学スキルは何気に高く、TOEICスコアで735から860点という所が多く見られます。前述にもある通り、治験業務のほとんどがアウトソーシング化されているため、CROなどであれば475から730点前後のスコアで十分に通用しますが、外資系製薬会社本体になるとそれなりの語学力が求められるのです。

その他の条件として出されているものでも、MRやCRCかいずれかの実務経験が2年や3年以上といった条件を課している所がよく見られています。基本的には、外資系企業はそれぞれの工程を分業制を採用していることがほとんどですから、その業務が細かく分類されており、自身の業務範囲が決められています。例えば施設選定をしたり、治験実施医療機関の情報収集をしたり、治験責任医師のリサーチをして、それを報告するといった業務を担当するCRCが存在するといった形です。

報酬面を見ていくと、年収で500万円から800万円という所が相場になります。国内企業の場合には、ある程度に未経験者でも門戸が広く取られていることが多いものですが、外資系製薬会社の場合には前述までに説明した通りのもろもろの事情があるため、何気に敷居が高く設定されていることが多いです。その中でも入職しやすい企業も存在しますから、転職エージェントを上手に活用して、そういった求人を探してもらいましょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.