外資系製薬会社の薬事申請の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 職種別 >> 外資系製薬会社の薬事申請の求人

外資系製薬会社の薬事申請の求人

外資系製薬会社の薬事申請の求人についてここでは紹介していきましょう。基本的に薬事申請の仕事というのは、薬事承認を取得するための資料作成だったり、関連する申請書類に関わる当局側からの質問などに受け答えをするといった業務になります。一般的に薬事申請の仕事内容は、RA部門と呼ばれるRegulatory Affairs部門か、Quality Assurance通称QA部門に分けられます。前者と後者では、ある程度薬事申請に関しての業務内容の違いが明確化されていますから、それらをまずは把握しておくことが重要でしょう。

基本的に前述に説明をした直接薬事申請に関わるような資料作成や当局側とのやり取りを行っていく薬事関連の仕事を任されるのはRA部門とされています。QA部門の薬事関連業務は、副作用についてのことであったり、販売されている製薬に関しての不具合の情報を収集する。また管理したりといった品質管理や品質保証に関連する薬事業務を行っていきます。こういった違いがありますから、明確化しておくことは最低条件と言えるでしょう。

こういった業務内容を見ていけば、外資系製薬会社の薬事申請の転職に必要になってくる最低限の条件は見えてくることでしょう。それは英語力です。外資系製薬会社なわけですから、製造元は当然に海外になります。海外本社とのメールや申請などに必要になってくるのは、語学力以外の何物でもありません。メールに関しても書類作成に関しても、情報収集の際にも、報告や質問などに関しても、薬事申請に必要とされるすべてのシチュエーションで英語力は求められます。

薬事申請の仕事は、1年や2年といった短い期間でマスター出来るほどに甘いモノではありません。薬事に関しての情報は本当に沢山に存在しており、覚えることは本当に星の数ほど存在しています。ですから、キャリア採用が多い外資系製薬会社の薬事申請の求人の条件を見てみると、ほとんどの求人が薬事関連職種に5年以上従事したものといったような経験を重視しているケースになります。

実際に出されている外資系製薬会社の薬事申請の求人情報を紹介すると、TOEICスコア600点以上の中級レベルの英語力。薬事申請業務経験3年以上。年俸600万円から1000万円。年間休日日数は120日で、勤務時間は8:30から17:15となっています。この職種で求められるのは、前述にもある通り、語学力と経験です。現在の自身のポジションや実力というものがどのレベルにあるのかを正確に把握しておくことこそが転職成功のコツと言えるでしょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.