海外勤務の外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 条件別の外資系製薬会社の求人 >> 海外勤務

海外勤務の外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社には海外勤務の求人を出しているところも多くあります。外資系というのはもともと外国人や外国の企業が出資している日本企業のことを指すので、それだけ自然と海外との関わりが増えるわけです。海外勤務の求人の場合、国内勤務の求人とは求められる人材が異なる可能性があります。そのため、海外勤務の外資系製薬会社の求人に応募する前にその点を確認し、特に海外で評価される能力を身につけておくといいでしょう。

たとえば海外勤務の外資系製薬会社の求人にはMRがあります。MRは医薬品を使う医療関係者を訪ね、医薬品に関する情報提供を行う職種です。この求人で特に強く求められる人材は自社の医薬品と他社の医薬品をしっかりと差別化しながら情報提供できる人です。なぜならMRは営業と関わりが深く、自社の医薬品をうまくアピールできるかどうかが重要なポイントとなるからです。

次に海外勤務の外資系製薬会社のMR求人ではコミュニケーション能力がいります。MRといえどいつでも自由に医療施設に入り込み、関係者とお話ができるわけではありません。時には制限がかかり、一切の出入りを禁じられることもあります。そのため、数少ない訪問チャンスをものにするためにすぐに有効な人間関係をつくることのできるコミュニケーション能力が役立つわけです。

3つ目に求められるのは実際に成果を出せることです。医療施設の訪問先での経過がいくらよくても結局具体的な成果が出なければ外資系製薬会社にとってはあまりメリットはありません。そのため、貪欲に成果を出すためのやる気や熱意が人材に必要です。

それから海外勤務の外資系製薬会社の求人にはPMSがあります。PMSというのは市販されている医薬品が効くものなのかどうか、また安全かどうかを調査する職種です。新薬を出すにはまずすでに市販されている医薬品と差別化しておく必要があるので、積極的に新薬を出したい外資系製薬会社ではニーズが高いです。

海外勤務のPMSで求められる人材はその周辺の専門知識を持っている人となります。外資系製薬会社が求める疾患のこと、またその疾患に効く医薬品のことについて詳しければ詳しいほど評価されることになります。

またMRやPMSなど職種に限らない話ですが、海外勤務となるだけに英語力は必須です。海外勤務でも日本人と接することが多いところもありますが、必ず仕事のどこかで英語でのコミュニケーションを取ることになるので、求人に応募する時は気をつけてください。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.