転勤がない外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 条件別の外資系製薬会社の求人 >> 転勤がない

転勤がない外資系製薬会社の求人

転勤がない外資系製薬会社の求人にはたとえば研究職があげられます。研究職は基本的に外資系製薬会社が持っている研究機関で仕事を行うものなので、どこかに異動になるということは少ないです。ただし、日本の各地や海外に研究機関を持っているほどの大手外資系製薬会社の場合は別です。成長に期待している人材ほどさまざまな環境で経験を積ませたいと考えるのが大手外資系製薬会社なので、研究職でも転勤になる可能性があります。

研究職以外では事務職があげられます。事務職は安定した事務作業を行い続けることが仕事なので、他の業務と比べてあまり転勤の必要性がありません。それでいて求人は常に出続けています。検索すればすぐに見つかるでしょうし、応募資格もそれほど難しくないので、転勤がない外資系製薬会社の求人を探す時は積極的に参考にしてみるといいでしょう。

ただし、事務職には最低限オフィスソフトを扱えるスキルがいります。パソコンでデータを管理したり、書類を作成したりして他の部門のサポートを行うことになるので、応募時はそのあたりに注意しなければなりません。

外資系製薬会社の求人として代表的なMR職ではどうかというと、この部門は最も転勤が多い特徴があります。というのも、MR職はどこの支社・営業所でも需要があり、異動しやすいからです。そのため、数年ごとに全国各地や海外を飛び回ることになってもおかしくありません。

ただし、MRはMRでも派遣型のMRの場合はこのかぎりではありません。派遣型のMRは通常の派遣とは異なり、短期間で雇用期間が終了するということはないので、同じ職場で長く働くことができます。また派遣なので転勤という概念が最初からありません。ただし、雇用期間が終了した場合は派遣先を変更するしかなくなるので、事前に雇用期間を確かめておくことが大切です。

転勤が多い求人はどうしても正社員雇用のものとなります。なぜかというと、正社員はその会社の主力となる人材なので、転勤を増やしてより優秀な社員にさせたいものだからです。そのため、転勤のない、もしくは少ない求人を探すなら契約社員やアルバイトなどの正社員以外の雇用形態のものを重点的に見ていくと効率的です。

また正社員の場合でも「転勤がないこと」を条件に入社することで転勤を回避できる場合があります。近年は転勤が嫌な人の相談に乗ってくれる外資系製薬会社も多いので、交渉してみる価値はあります。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.