激務でない外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 条件別の外資系製薬会社の求人 >> 激務でない

激務でない外資系製薬会社の求人

基本的に外資系製薬会社の業務は忙しく、激務でない求人を見つけるのは難しいです。特に研究職やMR・営業職といった職種は毎日長時間残業というケースも珍しくありません。というのも、外資系製薬会社は競争が激しく、他の製薬会社に勝つために売り上げのかなめである研究職やMR・営業職に力を入れているところが多いからです。そのため、激務でない求人を見つけるには職種を選ばなければなりません。

どのような職種の求人なら激務でないかというと、たとえば事務職があげられます。事務職はどの業界でも比較的忙しくない職種として知られていますが、外資系製薬会社においても同様の特徴があります。時期によってはどうしても忙しくなる時期がありますが、いつでも忙しいということはなく、基本的にはゆったりと仕事を進めることができます。

ただし、事務職の中でも法律や知的財産を扱うものは多少忙しくなります。というのも、契約書だったり、特許をとるための書類だったりと、さまざまな複雑な書類を扱い、手続きをとっていかなければならないからです。特に外資系製薬会社の場合は海外におけるそういった書類や手続きの関わりもあるので、より対応に時間がかかります。

事務職以外であげるとすれば工場勤務の外資系製薬会社の求人があります。工場での作業は決められたスケジュールに従って淡々とこなしていくことになるので、激務ということはありません。ただし、ごくたまに工場を点検することがあるのですが、その時期は忙しくなる可能性があります。

工場勤務の部署には製造部や品質管理部、工務部、環境保安部など、幅広いものがあります。どの部署に配属されるとしても、大きなトラブルが起きない限りは安定した労働時間になるはずです。

また基本的には外資系製薬会社の研究職は忙しいのですが、研究内容によっては忙しさが緩和されることがあります。どのような研究職がそれに当てはまるかというと、多くは他の製薬会社と競争が生まれにくいジャンルのものがあげられます。具体的には薬理や製剤の研究があげられるので、求人を選ぶ時の参考にしてみてください。

薬理の研究職は薬の成分となりうる物質が動物や人間に効くかどうかを確かめる職種となります。また製剤の研究職は合成された薬の成分を錠剤など動物や人間に投与できる形にする職種です。どちらの研究職も薬の開発には欠かせないものなので、それだけ求人数も多い特徴があります。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.