50代向けの外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 条件別の外資系製薬会社の求人 >> 50代向け

50代向けの外資系製薬会社の求人

50代向けの外資系製薬会社求人についてですが、たとえば年齢不問の求人があげられます。50代になると求人の応募資格の年齢制限でそもそも応募できなくなるケースが増えるので、最初から年齢不問の求人を重点的に探した方が効率的です。

大卒で年齢不問の外資系製薬会社求人を探す場合は管理職が候補にあがります。管理職は基本的に40代〜50代の人が任命されるものなので、年齢的にぴったりです。管理職に求められる能力で第一にあげられるのは部下を指導・教育し、連携できる組織をつくることです。いくら個人の能力が優れていても周囲とかみ合わなければ意味がないので、その潤滑油になることは管理職の重要な役割といえます。

研究所の管理職になる場合は指導力とは別にその研究所で行われている研究内容における専門的な知識も持っている必要があります。というのも、管理職といえど研究所で働く以上、自分が研究や実験に携わることもありますし、そもそも知識がなければ部下に教えることもできないからです。

他にもMRの求人が50代向けにあげられます。MRは医薬情報担当者(medical representative)を略したもので、医療施設を訪問し、医療従事者に自社の医薬品の情報を提供するのが仕事です。医薬品はその取り扱い方を少しでも間違えると患者に大きな危険を及ぼす可能性があります。そうなると、医療従事者や製薬会社の責任に繋がりかねないので、常に正しい情報を関係者の間で共有しておく必要があります。

近年は国内・海外問わず幅広い医薬品が生まれていますし、これからもどんどん新薬が流通することが予想されます。するとそれだけ外資系製薬会社におけるMRのニーズが増えていくわけです。そのため、外資系製薬会社は積極的にMR職の人材を求めることになり、今では50代の人でも採用されるケースが珍しくありません。

MR職で活躍することができれば50代という年齢でもどんどんと年収をあげていくことができます。大手の外資系製薬会社の求人であれば年収1,000万円も夢ではありません。

どのような職種にしろ50代で外資系製薬会社の求人に応募するならある程度以上の英語能力は欲しいところです。というのも、50代から英語を一から学ばせるというのは雇う側からすればあまり現実的ではないからです。外資系であるからには英語と常に接する可能性があるので、日常会話レベル、できればビジネスレベルの英語が必要です。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.