40代向けの外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 条件別の外資系製薬会社の求人 >> 40代向け

40代向けの外資系製薬会社の求人

40代向けの外資系製薬会社の求人は研究職なら「管理職」の求人となります。管理職ということなので、研究職といえど自分の研究や実験に専念することはできず、他のスタッフの指導や教育が主な仕事です。このことから、以前に管理職として働いていた経験がある場合、採用されやすくなります。

管理職はどこの外資系製薬会社でも需要があるので、ある会社の研究所主任から別の会社の研究所主任に移ることもよくあることです。しかし、40代でそのように気軽に転職できるのは研究・実験に関わる専門的な知識を持っている人だけです。また採用されたいきなり管理職に就くわけではなく、ある程度の試用期間を設けて外資系製薬会社が「大丈夫だ」と判断した時にようやく管理職に就くことができるようになります。

40代の人が管理職ではなく、普通の研究員として外資系製薬会社に転職する場合、一部の人しか身につけられないような特殊な知識・技術が必要です。たとえば外資系製薬会社の研究・実験では医薬品に使用できないか試すために化合物の合成が盛んに行われています。しかし、化合物によってはその化合物に特化した経験や知識がなければ合成できないというものがあるのです。そういった特殊な化合物を合成できる人であれば40代という年齢でも特別に採用してもらえることがあります。

それから20代や30代と比べると数は減りますが、営業職の求人も40代に向いた職種といえます。特に20代や30代にはないメリットを持っている40代の人であれば採用に有利になる可能性が高いです。20代や30代にはないメリットの具体例についてですが、たとえば優れた営業スキルでもいいですし、指導力や教育力、医療施設・医療関係者とのコネクションなどでもOKです。

特に医療施設・医療関係者とのコネクションは長年外資系製薬会社の営業をして、地道に築いていくしかないものなので、40代の転職者の大きな強みになります。もちろん求人に応募して採用選考を受ける時はこれらの強みを積極的にアピールしていくべきです。

他には工場勤務の求人が40代に向いています。ただし、ただの工場勤務ではなく、工場職に設置されている各部門の責任者というポストになります。工場職には製造や生産、管理、保安など、さまざまな部門があり、それぞれ責任者がいるので、需要が尽きることはありません。ただし、転職していきなり責任者のポストに就く場合は責任者の実務経験が必要です。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.