30代向けの外資系製薬会社の求人

外資系製薬会社求人TOP >> 条件別の外資系製薬会社の求人 >> 30代向け

30代向けの外資系製薬会社の求人

30代向けの外資系製薬会社の求人についてですが、30代前半であれば研究職を狙うことができます。30代後半になるとその年齢を対象にしている研究職の求人が一気に減ることになりますが、30代前半はギリギリのラインでまだ大丈夫です。そのため、どうしても外資系製薬会社の研究職として働きたい人は30代前半のうちに急いで求人を探すといいでしょう。

自分が研究するのではなく、研究者のサポートをしたいだけであればそこまで焦らなくても問題ありません。研究者のサポートは研究職ではなく、研究補助職となりますが、この職種なら30代後半以降からでも応募することができます。ただし、40代以降になると研究補助職でも採用されにくくなります。

研究職として長く働ける人はほんの一握りで、大体のケースでは他の部署に異動することになります。研究職に残り続けることができたのであれば、研究所の管理職への道が開けます。管理職になった場合、医薬品の研究や実験だけでなく、他の研究スタッフの指導だったり、研究所の管理だったりということを行うようになります。

そのため、30代の人が外資系製薬会社の研究職求人に応募する際、参考にされるのは「管理職としての適性があるかどうか」です。単純に医薬品に関わる知識や技術が高いことはもちろんですが、指導力や教育力がなければなかなか採用されることはないでしょう。

営業職はどうかというと、まだまだ30代の人に向いている外資系製薬会社の求人といえます。30代の人は20代の人よりも経験が多く、コミュニケーション能力や営業スキルが高いことが多いので、即戦力の営業マンとしてニーズがあります。しかもまだ年齢的に若く、体力や気力が充実しており、ハードな営業の仕事にも耐えられることから、20代の時よりも転職しやすいケースもあります。ただし、外資系製薬会社の営業職は転勤が多く、医療関係者に応じた対応の仕方をしなければならないことに注意する必要があります。

事務職や工場勤務の求人も30代であればまだまだ射程圏内です。工場勤務の場合、専門的な知識が必要になることもありますが、年齢から採用に不利になることはないと考えておいていいでしょう。そのため、どのような外資系製薬会社の職種を選ぶとしても、求人を探してみる価値はあります。特に学歴が大卒の30代であれば大半の求人の応募資格は満たすことになるので、転職に非常に有利となるでしょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.