外資系製薬会社の仕事内容

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の仕事内容

外資系製薬会社の仕事内容

外資系製薬会社へと転職を望んでいる方の中には、一体どういった職種があって、どのような業務を担っているのかを気になっていることでしょう。基本的には外資系企業でも国内企業でも同じような職種が用意されていますし、仕事内容の守備範囲も同様であることが多いものです。ざっと挙げると、研究職と開発職。更には生産職と営業・販売といった分野に分ける事が出来るでしょう。その他には、通常の企業に当たり前にあるような経営管理や事務系職種。人事や財務といったものが存在しています。

研究職では、医薬品のメカニズムを解析したり、製剤をするための基礎研究といったものを行ったりします。他にも製薬した薬が安全であるのかどうか、本当に効果を持っているのかどうかを確かめるための臨床研究なども行っていきます。大きく分けて分析・製剤・製薬・工業化といった研究職が存在しているというのが一般的です。

この研究職が出した数々のデータを元に新しい新薬を開発するのが開発職です。数年で新しい薬が開発されるといったことは非常に稀であり、10年単位での長い開発が必要になります。そこには莫大なコストも抱えているため、失敗が許されませんし、ある程度に実績を挙げていくことは必須になってくることでしょう。何十年も所属し開発を行っていて、何も出来ませんでしたでは、給料泥棒と言われても文句は言えませんからね。この他にも生産職として工務管理といったものや、品質管理といった職種も存在しています。品質チェックのための試験などをこなしていきます。

外資系製薬会社の中でも、最も多い転職案件といえば、やはり営業職であるMRなどでしょう。他にも販売促進などの広報系の職種もよく見られる転職求人になりますね。国内企業の場合は、一般的なMRの転職求人を見つけることが出来ますが、外資系製薬会社の場合は、マネージャー職の求人がほとんどになります。購買マネージャーであったり、デジタルマーケティングマネージャーといった職種が代表的ですし、他にも薬事マネージャーなども見られます。

非常に沢山の求人が存在していますが、求められる業務レベルは、高いものが多いです。特に営業系でもマネージャーになれるほどの実績やスキル、知識などを身につけておかないと、採用されることは難しいと言えるでしょう。英語力もTOEICで735点が最低ラインといった条件が課せられていることが多いです。より詳しい仕事内容を知りたい場合、転職エージェントに登録をして詳細をリサーチすることをおすすめします。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.