外資系製薬会社の離職率

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の離職率

外資系製薬会社の離職率

外資系製薬会社に転職したいと思っている方で、外資系企業に勤めた経験が無い方であれば、外資系製薬会社に関しての様々な情報を知りたいと思っていることでしょう。その一つが離職率についてです。結論から言ってしまうと、外資系製薬会社の離職率は非常に高いです。日本国内で言えば、非常に離職率が高いとされている看護師などの医療関連職種並みに離職率は高いです。新卒者が定年まで一つの企業で働き骨を埋めるなんてことは、ほぼ皆無と言って良いでしょう。

外資系製薬会社の離職率が高いのは、何も会社の居心地が悪かったり、厳しいノルマが設けられていて居心地が悪いというようなネガティブなものはあまり少ないです。そもそも外資系企業そのものが転職に対してウエルカムな状態ですから、より自分を高く評価してくれる企業があれば、そこに転職をするのが当たり前だろうという考えを持っているのです。とにかく実力の世界ですから、そうそう現役として長く活躍出来る方は存在しません。

ですからフレッシュな内に高い報酬を獲得しておき、その上で途中でその高いキャリアを活かして同業他社である国内企業へと転職をしたり、自身で独立をして何かしらの会社を企業したりするといったパターンが多く見られているのです。とにかく長居する場所ではないという考えが当たり前になっている状況なのです。専門性を高め、ある程度の実績を積めば、それは大きな武器になりますからね。だからこそどんどんと転職を繰り返すのです。

その他にもやはり外資系製薬会社の歴史が大きな影響を与えているのです。統廃合などを繰り返して外資系製薬会社は大きくなったり、事業拡大をしていたり、それぞれの国に進出していることが多いのです。統廃合をすれば、マネジメントの方向性がコロコロと変わることも日常的に起こります。昨日までは重要視されていた部署が、まったくのお荷物になってしまうケースも少なくないということなんですね。

こういったことが起こった時、もしくはそういった空気を察知して起こる前に、他の企業へとエスケープするといったことからも離職率が高くなっているわけです。とにかく外資系製薬会社の離職率は、驚くほどに高いことだけは覚えておきましょう。転職エージェントなどに登録をしてみて、細かい数字を確認してみることも一つの方法です。転職が当たり前の業界ですから、転職エージェントとは長い付き合いになるとも言えますからね。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.