外資系製薬会社の売上ランキング

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の売上ランキング

外資系製薬会社の売上ランキング

現在よりもステップアップすることを考えて、外資系製薬会社への転職を考えている人もいることでしょう。しかし、ただ単に外資系の製薬会社だからと言って将来が安泰というわけではありません。外資系の会社は業績が悪ければ人員カットを頻繁に行うこともあります。日本の会社のように終身雇用という考え方がないため、あなたの実力もそうですが、会社の業績もあなたの将来に大きく影響するのです。そこで、外資系の製薬会社の売り上げランキングをチェックした上で、転職先を探すことは多いに役立ちます。

2016年の売り上げ世界ランキングを見てみると、1位はアメリカのニューヨークに本社を置いている製薬会社であるファイザーとなっています。製薬業界に身を置いていない人でも知っているほどがいるほど知名度が高い会社でもあります。日本では日本法人として渋谷に本社を構えています。日本法人とは言え、配属される部署は毎年のように変わり、担当製品やエリアもその都度変わるという変化の多い社風となっており、変化を楽しみながら挑戦することが好きだという人にはうってつけの職場だといえるでしょう。

2位は体外診断薬市場において世界一位のシェアを誇っているスイスのロシュです。世界150カ国でグローバルに展開しているロシュグループの日本法人はロシュ・ダイアグノスティックスと呼ばれています。若手でもチャレンジさせてくれるという会社の社風で、年齢に関係なく多くの日本人も活躍している会社です。それだけ将来性が広がり、チャンスも多い会社だといえるでしょう。

3位はこちらも同じくスイスに本社を置くノバルティスです。日本法人はノバルティスファーマ株式会社で、循環器、呼吸器、眼科、皮膚、神経、免疫、ガンなど、様々な領域の病気・疾患に対して効果的な医薬品を提供しています。どの領域でもいまだ解明されていない病気はたくさんあります。ノバルティスファーマでは、そのような病気にも効果的にアプローチできる新薬の開発に日夜努めています。

このような世界的に売り上げも高く、日本でも実績を残している会社は日本のみで働く採用枠もありますが、将来的に海外で働けるグローバルキャリアを形成することができます。また、今までの実績と英語力が認められれば最初から海外での採用に挑戦することも可能です。自分の可能性・実力を試すことができるので、今までよりさらにやりがいがある文字通りステップアップを目的とした転職ができるでしょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.