外資系製薬会社の年収・給料

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の年収・給料

外資系製薬会社の年収・給料

外資系製薬会社に転職を希望している方の多くが、日本企業よりもより高い待遇面を求めて転職を希望されていることでしょう。実際に製薬業界のみならず、他の業界でも、日本企業に務めるよりも、多額の年収を獲得している方が多いのです。こういった違いがあるのは、単に実力主義や成果主義だからということではないのです。外資系企業は、その組織体系が違っていることや、賃金のシステム自体が日本国内企業とは大きく違っているからこそ、年収が違っているのです。

やはり外資系製薬会社の給与システムは、完全に実力主義になっています。つまりはその外資系製薬会社に利益をもたらした人材には、それをそのままに評価され、給与となって跳ね返ってくるということです。逆に生産性というものが低い場合には、当然に給与もそれなりのものしか獲得することは出来ません。外資系製薬会社に行けば給与が上がるのではなく、仕事でしっかりと成果をあげているからこそ、年収がアップするのです。

ある意味で怖いかもしれませんが、これまでの自身のキャリアや実績に自信があるのであれば、是非ともチャレンジすべきでしょう。結果さえ出せば、いくら頑張っても年齢や周囲の人材に対しての配慮などでなかなかに年収がアップしない国内企業と比べ、考えられないくらいの年収を獲得することが出来るでしょうからね。国内企業では、企業によってもまちまちではあるものの、基本的には年上の人間にチャンスを与え、若い人は安い給与を与えられ、なかなか収入が上がらない状況になっているのです。

これに引き換え外資系製薬会社の場合には、若かろうと自分に与えられた仕事を確実にこなすことで、評価を受ける事が出来ます。能力が認められれば、年齢などに関係なく、重要なビッグプロジェクトを任されることも珍しくはないのです。仕事量も自身で調節することが可能です。短期間で成果が上げられれば、後は何をしても問題ないと言えるでしょう。

外資系製薬会社の場合、大手の医療機関などとビッグな契約を取り付けることが出来れば、年収1億円プレイヤーになることも夢ではないのです。国内企業の場合、1000万円をオーバーすることは珍しくありませんが、1億円の半分の5000万円という年収を貰っている会社員となると、ほぼ皆無と言えるでしょう。しかしながら、外資系製薬会社では、結果というものを出せば、夢物語ではなく現実化することが可能なのです。どの程度の能力や成果を出せば評価に繋がるのか転職エージェントを利用して確かめておきましょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.