外資系製薬会社の定年

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の定年

外資系製薬会社の定年

外資系製薬会社で定年まで働くという発想を持っている方は少ないものでしょう。そもそもそれぞれのジャンルの外資系企業が、離職率が高いという現実がありますね。転職アレルギーなんてものはゼロといった所が多く、転職は当たり前だし、ヘッドハンティングされるのも当然のような世界です。外資系製薬会社の実情としては、大学を卒業して新卒者で入職をし、何十年とその一つの会社で定年まで勤めあげるといったケースは非常に稀だと言われています。

転職希望者のような中途採用の場合には、やはり転職を実現した年齢が問題になってくるでしょう。一見外資系というと、とにかくフレッシュでアクティブな人材が多く存在しているから、40代や50代では転職は不可能だし、そもそも求人案件自体がないと思われがちですが、実は何気に多く求人が存在しているのです。40代後半から50代といった年齢で転職を実現させたのであれば、定年まで働く方は多いでしょう。

金融関連業や不動産業、証券系、製薬、医療機器といったような特定のジャンルの専門性が高く、豊富な知識や経験を必要とするような業界では、何気に定年を越えても、アドバイザー的なポジションで現役でバリバリと活躍されている方もいらっしゃいます。当然にこれはそれぞれの外資系製薬会社の企業カラーによってまったく違ってきますね。とにかくフレッシュで活きが良い人材しか欲していないというのであれば、四半期の査定で退職を勧告されることもあるでしょう。

外資の特徴はこの四半期制にあります。製薬会社のみならず、それぞれの業界でも外資系企業のほとんどはこの四半期制を導入しており、3ヶ月に一度の決済でそれぞれのノルマや評価といったものが決定されるのです。ですから、年齢というよりも、日本では1年に1度しかない評価の時期をどうやって乗り越えていくのかというプレッシャーを定年まで勤め上げようとすると、何度も経験しなければならないのです。

ですから若い内にドンと働いてその経験を活かし、日本企業へと転職をしたり、リタイヤしたり、女性の場合であれば、結婚退職なんてものをしたりするわけですね。そもそも外資系製薬会社の多くが、M&Aなどを繰り返して雪だるま式に大きくなってきた背景があり、マネジメントが変わることによって、肩を叩かれる部署も出てくることから、その前にしっかりとしたキャリアを積み、転職をしてしまおうという考えが当たり前に持たれているというのが現状なのです。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.