外資系製薬会社の転職事情

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の転職事情

外資系製薬会社の転職事情

日本の製薬会社は一昔前は中途採用の募集がかなり多く、国内の製薬会社間で転職をした人が多い時代があったといわれていますが、現在では中途採用枠自体が減っており、国内製薬会社間での転職は以前に比べると減りつつあるといわれています。では、外資系製薬会社への転職はどうなのでしょうか。

製薬会社だけに限らず、外資系の会社では生涯同じ会社で働くという感覚を持つ人が少なく、転職はステップアップ、キャリアアップのために当然行われるものだと考えられているところがあります。ですから、外資系製薬会社の中途採用枠はある程度あり、今まで経験を積んでいる人であれば、転職活動が思ったよりもスムーズにいったという人も少なくはありません。ただ、中途採用の場合は、特定の職種に対する求人がほとんどで、そのポジションでの経験が三年以上だったり、五年以上というものも多くなっています。様々なポジションが用意されている製薬会社ですが、募集している内容・条件と合致しなければ受け入れてもらえないことも多く、自分にぴったりの求人情報を探すのが難しいという場合もあるようです。

外資系製薬会社は中途入社であっても、すぐに即戦力として働くことができる人材を求めています。ただ、会社によっては必要とされる経験や実績がなくても、本人のやる気次第で採用になることはあります。外資系の会社は日本の会社に比べて積極性や自己アピールを好意的に捉えてくれますから、まず挑戦したいというのであれば自分の熱意を伝えましょう。特にあなたがまだ新卒後数年の第二新卒に当てはまる場合は、未経験であってもさらに可能性が広がります。企業にもよりますが、第二新卒は22歳から26歳くらいまでとしているところが多い様ですが、興味を持った会社があるのならまず問い合わせましょう。

また長期的にキャリアプランニングを考えられる時間的・経済的・精神的な余裕があるのであれば、自分が挑戦したいと思うポジションに向けての実績作りを今現在働いている会社でする、というのも一つの転職準備になります。転職が急を要していないのであれば、自分のキャリアを形成するために時間をかけるということも大切なのです。そうすることで将来的には海外でキャリアアップすることも可能になります。また実績は十分にあるのに、英語力を必要とするポジションでそこで引っかかってしまうという場合、英語力を鍛えることも外資系製薬会社への転職を考えるうえでは欠かせません。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.