外資系製薬会社で活きる資格

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社で活きる資格

外資系製薬会社で活きる資格

外資系製薬会社に転職するために、活きる資格はないのかという疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。外資系製薬会社と言っても、職種は沢山に存在していますから、それぞれに活かせる仕事は違ってきます。ですから、自身がどのような職種において外資系製薬会社に転職をしたいのかをまずは明確化しておくべきでしょう。MRならばMR職で活かせる資格がありますし、開発職なら開発職なりの。また、生産やその他の職種にも活きる資格はあるものなのです。

例えば、製薬会社の中ではMRは有名な職種ですね。MRは簡単に言ってしまうと、製薬会社の営業職になります。製薬会社が開発・製造した新薬などを病院や各種薬局に営業する仕事になります。営業職に資格など必要ないと感じる方もいらっしゃいますが、より専門的な知識が必要となるMRという職業には、MR資格というものが存在します。しばしば営業職には、それぞれの業界において、特別な資格が存在します。保険外交員といったものや、証券外務員といった資格はその代表格ですね。

製薬会社の営業職の取得しておきたい資格といえば、このMR資格になるわけです。資格取得のためには、MR派遣業者の教育プログラムを受講したり、教育研修施設といったものが存在しますから、そういったものを受講して基礎教育を受けるという方法が存在します。ただし、MR資格というものは、自動車の免許証のように定期的な更新が必要になります。有効期限が5年間になっていますから、その都度更新をしていかなればならないのです。

製薬会社に入職してからも、MR資格を取得することが可能です。基本的に受講資格というものがあり、普通の場合ですと、基礎教育を300時間以上受けていなければならないのですが、製薬会社に勤務している場合には、その必要がなくなるのです。しかしながら、外資系製薬会社に転職したいと思っているのであれば、基礎教育を受け、事前に資格を取得しておきたい所ですね。なぜならば、キャリア採用がほとんどだからです。

研究職の場合には、活かせる資格というよりも、やはり薬剤師の資格を保有していないと厳しいと言えるでしょう。最低限に取得していないと、転職を実現させられる確率はほぼゼロと思っても大袈裟ではありませんね。ここではMRと研究職しか紹介しませんでしたが、冒頭にもあるようにそれぞれの職種に活かせる資格が存在しますから、転職活動の際には、転職エージェント使って徹底的にリサーチしておきましょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.