外資系製薬会社の面接対策

外資系製薬会社求人TOP >> 外資系製薬会社の転職の基礎 >> 外資系製薬会社の面接対策

外資系製薬会社の面接対策

現在のキャリアをよりステップアップさせたいと外資系製薬会社への転職を考えている人もいることでしょう。実力を何よりも重視される外資系の会社はプレッシャーも大きいといわれていますが、何よりも自分の実力を試すことができますし、能力が認められれば若いうちからの出世も期待できます。また女性が管理職につくことも少なくはなく、結婚・出産を経ても一社会人として働いていきたいと考える人にとっては、働きやすい環境になるというメリットもあるようです。

外資系の製薬会社への転職と言っても一般的に質問される内容は日系の製薬会社と大きく変わりはありません。どうして今まで働いていた会社を退職し、その会社を希望したかということは質問されますし、その会社で働けることになった場合に実現したいこと、将来の自分のキャリアビジョン、前職でどのような実績を残してきたかなど一般的な質問もあります。外資系製薬会社と言っても一次試験は日本人面接官のみで行われることもあります。ただ、必ず最終選考までの時点で英語での面接があることは頭に入れておきましょう。

一般的な質問であっても、普段英語で会話する機会がなければ緊張してしまいますし、普段の日常会話を英語でできるレベルであったとしても、ビジネス英語であったり、正確な英語を求められると難しいという人もいるでしょう。実際に転職に成功し、会社の仲間ともなれば多少の英語表現のミスは許されますが、面接の時点ではできる限りビジネス英語を忠実に話す必要があります。

英語力に何の不安もないという人は、一般的にされる質問への自分なりの答えをシミュレーションしておけば問題ないでしょう。しかし、もしビジネス英語や正しい英語に不安があるのであれば、まずは英語対策から行っていく必要があります。頭の中で英語だけで物を考えられるのであれば、英語でされる質問に対し、自分なりの答えを考え、その後その英語をチェックしましょう。もし、英語からいったん日本語に訳さなければスムーズに考えられないのであれば、それでも構いませんから自分の答えを考えてください。ネイティブの知人がいる場合は、その英語をチェックしてもらえるとベターです。周りにそのような知人がいないのであれば、短期のビジネス英会話クラスなどを使って自分の英語が面接に有効なのかチェックしてもらったうえで、できれば英会話講師とともに面接シミュレーションを行っておきましょう。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.