外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】

外資系製薬会社への転職には転職サイトがおすすめ

外資系の製薬会社は、日本の会社よりも給与が高くキャリアアップも早いと言われています。専門的な知識やスキルも要求される仕事なので、やりがいも十分に得られる人気の職です。

外資系ということもあるので、個人で求人を探すのは少し困難です。リクルートエージェントのような民間の転職エージェントなら、専門のスタッフがアドバイスしてくれる上、外資系製薬会社の求人も多数保有されているので転職活動がぐっと有利になりますよ。

外資系製薬会社のおすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ランキング1位は「リクルートエージェント」です。こちらのエージェントの最大の特徴は「グローバルに活躍できること」です。海外進出はもちろん、外資系や日系企業の求人を広く取り扱っています。そのため、外資系製薬会社の求人も効率的に探すことができます。他にも収入が高かったり、労働条件がよかったりと、求人の質が高いメリットが豊富です。またリクルートエージェントは無料で相談・サービスの申し込みができますし、全国の求人に対応しています。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ランキング2位は「マイナビエージェント」です。ここは20代の転職に自信のあるサービスを提供している特徴があります。実際に幅広い20代転職者の成功事例を持っているので、20代のうちから転職をしようとしている人に向いています。また医薬・医療系職の求人を多く取り扱っているだけに外資系製薬会社の求人も見つかるはずです。サポートしてくれるのは転職市場に詳しいキャリアアドバイザーで、それぞれの転職者に合った仕事を提案してくれます。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
3位は「type」というエージェントです。ここの特徴は年収ややりがいをアップできる転職を狙えることです。実際にこのエージェントを利用して年収アップに成功した転職者は多くいます。職業ジャンルに特化したアドバイザーが転職者の強みを引き出し、外資系製薬会社との交渉も代わりに行ってくれます。利用料金は無料ですが、対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉のみなので、その点は注意が必要です。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
4位は「キャリコネ」です。このエージェントの最大の特徴は上限50万円の転職祝い金です。キャリコネを通して外資系製薬会社に転職し、申請すれば祝い金が95日後に口座に振り込まれるようになっています。それから企業の口コミの閲覧や、複数転職サイトの同時登録といったことができる特徴もあります。特に企業の口コミはその企業で実際に働いている社員が書いているのでリアルな情報です。また利用は無料で、全国の求人に対応しているメリットがあります。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
5位は「DODA」というエージェントとなっています。サポート実績と取り扱い求人数に自信のあるサービスを提供しており、非公開求人も多数紹介されています。求人は全国のものが記載されていますが、なんとそのうちの8〜9割が非公開求人という割合です。業種のジャンルも幅広いため、外資系製薬会社の非公開求人も見つかるはずです。求人自体の質もよく、他のエージェントと差をつけるために集められた優良、好待遇求人を厳選することができます。



外資系製薬会社に転職で入社するには?

理系の方や医療関連の知識を有している方であれば、製薬会社を転職先に希望する方は多いものでしょう。そして製薬会社である程度に実績を上げたりした方がステップアップやキャリアアップを目指し、外資系製薬会社へと転職を希望するといったケースがスタンダードな形とされています。外資系製薬会社の特徴としては、やはり国内企業とは違い月給制を敷いている所はほとんどありません。基本的には年俸制で実力主義的な考えが多いものです。

これは外資系製薬会社のみに限らず、どのような業界でも外資系企業の特徴でもあるのです。ただ外資系製薬会社と一言でいっても、外国資本の導入率がそれぞれに違っていることが多いという特徴があります。外国資本が100パーセントであり、経営陣の主な管理職などが外国人などの場合では、年俸制を敷いていることが多いですし、完全実力主義的なカラーが強いものです。しかしながら、外国資本が10パーセントや20パーセントといった少ない割合でも外資を名乗っている製薬会社は存在するのです。

こういった場合、なんら日本国内の製薬会社と左程変わらないような待遇面や企業カラーを持っていることもありますから、典型的な外資系製薬会社へと転職をしたいと思っている方は、事前にリサーチをしておくとよいでしょう。こういった場合に役立つのが、製薬会社などの求人を多く持っている薬剤師専門の転職エージェントや、医療系専門の転職エージェント。他にも外資系の転職に特化している転職エージェントなどがオススメです。

こういった転職エージェントを利用すれば、外資系製薬会社へと転職をするのに、必要な実力を把握出来ることでしょう。どういった実績を残せていると、転職が有利に働くのか。他にも取得しておくべき資格などの情報であったり、何よりも語学力はどの程度に必要なのかといったことも、把握することが可能です。その上でエントリーシートなどは、日本語で記述するのかそれともその他の言語で記述するべきなのかも情報収集できることでしょう。

国内では最早スタンダードとも言えるような面接時の態度や受け答え、質問といったものも、外資系では通用しないケースがほとんどです。権利主張をしない人材は、あまり優秀な人材ではないと見られる傾向もあることから、国内企業への転職活動ではタブー視されているようなことが、逆に効果的だったりもしますから、なるべく外資系製薬会社の特徴や事情というものを把握しているような転職エージェントにサポートを依頼する方が転職成功率は高まることでしょう。

外資系製薬会社の採用基準は?

外資系製薬会社のハイクラス求人に転職を希望しているのであれば、やはり外資系製薬会社の採用基準把握しておくべきでしょう。国内企業と比較して、外資系企業の場合には、製薬業界のみならず、キャリア採用がほとんどという状況です。すなわち職務経歴書や履歴書などの書類選考の時点で、非常に高い選考基準を設けている所がほとんどなのです。特に誰もが知っているような有名外資系製薬会社の場合であれば、想像以上の採用基準を設けている所がほとんどです。

経験とスキルは当然に求められることになります。ただし注意をして欲しいことは、国内企業のような視点で経験やスキルを保有していると勘違いしないことです。外資系企業は、基本的には職務分担書というものが存在していることはご存知でしょうか。これはどういうものかというと、その人材の権限や責任がどの程度のものであるのかという範囲を明確化しているものなのです。これによってその権限を与えられた人材が、それに見合った働きをすれば評価をされます。

国内企業のように、本職の営業職の片端で、一般事務のような雑用を任されるといったようなことなどは、ほとんどないと考えて下さい。だからこそ、広く浅くといったようなものではなく、それぞれの専門性に長けた経験やスキルを有していることが求められます。ハイクラスな求人であれば、広く深くを求められるケースも少なくはないのです。与えられた仕事や、期待されている成果以上のものをどれだけ出せそうかということをアピールすべきなのです。

国内企業のように毎晩のように残業をしても、まったく評価はされません。むしろ、仕事とプライベートのONとOFFを切り替えられない無能な人材と判断されることも多いのです。更に、勤務時間内に意事を終わらせる事が出来ない手が遅い人材という風にも受け取られることになるのです。このような評価制度の違いがありますから、当然に採用基準でも、このような点を考慮して転職活動を行っていくべきでしょう。

採用基準は、当然に各外資系製薬会社によっても違っていますが、ほとんどの場合、日本語と英語の両方の書類作成の必要があったりします。日本企業以上に、書類選考の出来不出来が採用に大きく関わっているため、しっかりとした外資系企業対策を立てておくことが重要です。転職エージェントなどの転職サポートのプロにサポートを受け、しっかりと準備をしておくことが高い採用基準をクリアするためにも必須条件と言えるでしょう。


Copyright (C) 2014-2018 外資系製薬会社求人ナビ【※高収入の企業へ転職】 All Rights Reserved.